映画「幸福路のチー」公式サイト » INTRODUCTION

世界各地の映画祭を席巻し、
台湾映画史上初の快挙を続ける
傑作アニメーション。

歴史も文化も異なる観客が
「これは自分たちの物語」と絶賛。

台北郊外に実在する通り「幸福路こうふくろ」を舞台に、主人公チーと下町に生きる人々の姿を、素朴で温かみのあるタッチと技巧を凝らしたファンタジックな映像を交えて描いた『幸福路こうふくろのチー』。アニメーション産業不毛の地、台湾から突如生まれたこの作品は、東京アニメアワードフェスティバル2018でグランプリを受賞後、各地の国際映画祭で受賞を重ね、ついには2019年アカデミー賞®長編アニメーションの25作品にエントリーされるなど話題を呼んできた。

実写映画のキャリアを持つソン・シンイン監督は、この半自伝的な物語を映画化するにあたり、成長にともなう残酷さや痛さを温かみのあるノスタルジーに変換するため、経験のなかったアニメーションという手法を選択。独力で資金集めに奔走し、ついには自らアニメーションスタジオを設立した。幾度の危機を乗り越え、4年の制作期間を経て完成した『幸福路のチー』は、そのクオリティの高さとストーリーテリングの豊かさで、日本のアニメーターやアニメファンを驚かせ、世界中の異なる文化を持つ観客から「自分たちの物語」だと絶賛されている。

激動の時代を生きた少女チーを通して、
誰もがあの日の自分に出会う――。

アメリカに暮らすチーは祖母が亡くなった知らせを受け、長らく疎遠にしていた故郷、幸福路に帰ってくる。記憶にあるのとはすっかり変わってしまった景色を前に、チーは人生、そして家族の意味を考え始める。子どもの頃の懐かしい思い出、老いていく親、大人になった自分。「あの日思い描いた未来に、私は今、立てている?」。実は人生の大きな岐路に立っていたチーは、幸福路である決断をする――。
 
本作は、1975年生まれのひとりの女性の半生を追う。無邪気な少女時代、親の期待に応えることが至上命題だった学生時代、理想とは違う社会、友人との別れ、そして新しい出会い―。その背景には、台湾語禁止の学校教育、少数民族である祖母との関係、学生運動、台湾大地震など、戒厳令の解除を経て民主化へと向かう現代台湾の大きなうねりがある。人生の分岐点で誰もが経験する感情をチーの人生で追体験することで、観るものは圧倒的なノスタルジーと共感に温かく心を満たされることだろう。

実現不可能と思われた
奇跡のキャスティングと歌姫による主題歌

大人になったチーのボイスキャストを務めたのは、デビュー作『藍色夏恋』(03)以降、日本での人気も高い女優グイ・ルンメイ。本作の元になった12分の短編アニメーション『幸福路上』(13)のファンでもあったルンメイは、仕事先のパリに送られてきた長編の脚本を読んで涙し、出演を快諾した。彼女のようなスターがこの規模の作品の出演を引き受けるのは異例のことだったが、さらなるスターの参加が決まる。それは台湾を代表する歌姫ジョリン・ツァイ。ソン監督がジョリンに歌って欲しいと言ったとき、スタッフの誰もが実現不可能だと思った。だが、幸福路近くの出身だったジョリンは、チーと自分の人生を重ね合わせ、映画のテーマソングを歌うことを即決。エンドロールで流れる「幸福路上/On Happiness Road」は映画の世界観を象徴するものとなっている。