映画「幸福路のチー」公式サイト » NEWS

2019年の海外製アニメーションを象徴する『幸福路のチー』と 片渕須直監督作『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』

2019/12/24 20:38 up!

アニメ評論家 藤津亮太氏が語る 「チー」と「すず」の共通点と2019年のアニメーション

 ~アジアの片隅で生まれた映画がアニメーションの最前線をいっている~

東京アニメアワードフェスティバルTAAF2018以降、日本劇場公開を目指して活動をしてきた「拡福隊(かくふくたい)」には、映画監督、アニメーション評論家、漫画家たちが名を連ねています。

その拡福隊の一員でもあるアニメ評論家の藤津亮太氏に、良作の公開が続いた2019年の海外製アニメ―ションを象徴する存在としての『幸福路のチー』、そして『この世界の片隅に』との以外な共通点についてお話を伺いました。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – Interview– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

様々な海外製長編アニメーションが公開された 2019 年ですが、『幸福路のチー』はそんな今年 を象徴する1作といえます。今、世界では様々な長編アニメーションが制作されるようになって います。そこでは「自分(自分たち)がどのような人間であるか」という探求が様々な形で描か れることが増えています。

『幸福路のチー』はチーという 1975 年生まれの台湾の女性が主人公です。映画は、成長した彼 女が幼少時を振り返る形で始まり、彼女の人生の向こう側に台湾の生活や政治状況が浮かびあが ってきます。そこにはチーという個人だけではなく、30 代女性の戸惑いや、故郷とアメリカの間 で惑うアジア人の姿も見えてきます。チーは、チーであると同時に、“私たち”でもありうるキ ャラクターなんです。

こういうチーの主人公像は、例えば戦中戦後の呉を舞台にした『この世界の(さらにいくつも の)片隅に』の主人公すずとも通じるものがあります。すずは呉に嫁いた少女という個人である
こうふくろ ――『幸福路のチー』全国順次公開中――

2019 年の海外製アニメーションを象徴する『幸福路のチー』と 片渕須直監督作『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』

アニメ評論家 藤津亮太氏が語る  「チー」と「すず」の共通点と 2019 年のアニメーション
~アジアの片隅で生まれた映画がアニメーションの最前線をいっている~

と同時に、戦時中を生きた私たちの祖父母世代のひとりです。さらに、家制度の中で自分をいか に確立すればいいかで悩む個人でもあります。

チーとすずが似ているのは、アニメーションという表現手段の特性によるものです。絵という 抽象化を経ているからこそ、「私である」と同時に「私たちでもある人物」を表現するのに適し ているのです。これが最初にお話した「自分(自分たち)がどのような人間であるか」を探ると いう今の長編アニメーションの潮流を後押ししています。

2019 年は世界の様々な長編アニメーションが紹介されたことで、日本の長編アニメーションも そうした世界のアニメーションの中の「ワン・オブ・ゼム」であることがはっきりした1年とな りました。そんな1年だったからこそ、日本人と似て非なる台湾の人々を描いた『幸福路のチ ー』は、とても大きな存在感を放っていると思います。

(2019年12月 東京某所にて) 

 

 

 

台湾甜商店×幸福路のチー コラボ商品誕生!

2019/12/19 17:48 up!

台湾甜商店×幸福路のチー
映画公開を記念して、台湾スイーツの人気店 台湾甜商店(たいわんてんしょうてん)と映画『幸福路のチー』がコラボレーション!

幸福チーズティー「幸福奶蓋(シンフーナイガイ)」が誕生しました。

チーがお届けする3種類の幸福奶蓋(チーズティー)

ポスター左から、芒果奶蓋(税込640円) 、古早味紅茶奶蓋(税込590円) 、草苺奶蓋(税込640円)

 

販売期間:2019/12/26(木)から2020/2/25(火)

杯数限定商品のため、提供できかねる場合もございます。

 

 

プレゼントキャンペーン

幸福チーズティー「幸福奶蓋(シンフーナイガイ)」の引換券を、以下劇場でプレゼントいたします!

 

■新宿シネマカリテ

12月21日(土)

10:30の回 先着15名様

14:45の回 先着15名様

詳細は、劇場HPにてご確認ください。

 

■ヒューマントラストシネマ有楽町

12月21日(土)

21:10回 先着10名様

詳細は劇場でご確認ください。

 

■アップリンク吉祥寺

12月28日(土) 抽選10名様

詳細は劇場HPでご確認ください。

 

 

半券チケットキャンペーン:“映画を見たら、台湾甜商店へ行こう!”

「幸福路のチー」の映画チケット(前売券も含む)、もしくは半券をご注文時にスタッフまでご提示いただくとタピオカ2倍を無料でサービス!幸福路のチーを見たら、ぜひお近くの台湾甜商店へ

 

お近くの店舗はこちらから

台湾甜商店 店舗情報

日本語吹替版完成 ダイジェスト映像公開

2019/11/26 19:56 up!

オリジナル版では、主人公チーの声を女優グイ・ルンメイ(『藍色夏恋』)が演じたことも話題となった本作。

この度完成した日本語吹替版では、チーを『冴えない彼女の育てかた』の加藤恵役や『マクロスΔ』のカナメ・バッカニア役で人気の声優、安野希世乃(やすのきよの)さんが、映画のキーマンとなるチーの祖母役を、『ファインディング・ニモ』でも声優を務めた映画コメンテーターLiLiCoさんが演じました。

そして、チーの親友ベティ役を、『ガールズ&パンツァー』ローズヒップ役や『ちえりとチェリー』のちえり役の高森奈津美(たかもりなつみ)さんが、また、『人狼 JIN-ROH』『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』等を手掛けた伝説のスーパーアニメーター、沖浦啓之さんが従兄ウェンの声を担当してるのも注目です!

日本語吹替版のダイジェスト映像こちらから

 

監督の著書『いつもひとりだった、京都での日々』発売!

2019/11/12 20:28 up!

宋欣穎(ソン・シンイン)監督が京都大学大学院留学時代の思い出を綴ったエッセイ集の邦訳版が『いつもひとりだった、京都での日々』(早川書房)のタイトルで11月6日に発売されました
イラストを手掛けたのは
さんそして装丁は さん

 

 

HPがOPENしました!

2019/07/01 16:56 up!

今後の更新をお楽しみに…